豆腐でかさ増し低カロリーダイエット!豆腐つくねの作り方!

豆腐をかさ増しすることによって低カロリーで尚且つ満腹感を感じダイエットに繋がります。今回はそんな豆腐つくねの作り方を伝授いたします。
touhutukune10

材料・費用

豆腐つくねのたね(5人前)

○鶏むね肉(挽)・・・・・300g(213円)
○木綿豆腐・・・・・・・・1丁(48円)
○卵・・・・・・・・・・・1個(19円)
○玉ねぎ・・・・・・・・・1/2玉(15円)
○青ねぎ・・・・・・・・・3本(30円)

照り焼きソースの作り方

○醤油・・・・・・・・・・大さじ1
○みりん・・・・・・・・・大さじ1
○酒・・・・・・・・・・・大さじ1
○砂糖・・・・・・・・・・小さじ1

1人前合計=65円

豆腐つくね調理方法

1.豆腐の下処理を最初にしておきます。水分を搾り出すのですが、方法は2種類あります。
①重石を乗せる方法
touhutukune1
②布を使用して絞り出す方法
touhutukune2

2.ボールの中に鶏むね肉の挽きとしっかり水分を取った木綿豆腐を入れてしっかりと混ぜ合わせます。このとき豆腐の白い色がなくなりピンク色になったときが混ぜ終わりの合図です。
touhutukune4
3.鶏むね肉の挽きと木綿豆腐が混ざってるボールの中に卵、みじん切りした玉ねぎ、輪切りした青ねぎを入れしっかり混ぜ合わせます。最後に調味料の塩・こしょうを少々入れ、しっかり混ぜ合わせたら豆腐つくねのたねの出来上がりです。
touhutukune3
touhutukune6
4.豆腐つくねのたねを適当な大きさに形作っておきます。
touhutukune7
5.油を引いたフライパンに豆腐つくねのたねを入れていきます。火は中火で焼いていきます。
touhutukune8
6.両面に少し焦げ目が付くぐらい焼いていきます。
touhutukune9
7.両面に焼き目がついてきたら中身に火が通っているかどうか箸をさして確認してください。火がしっかり通っていたら火を弱火にして照り焼きソースをかけていきます。豆腐つくねにしっかり照り焼きソースが絡みついたら完成となります。最後にお皿に盛りつけて豆腐つくねの完成です。
touhutukune10

広告

 

[adsense]

 

ワンポイントアドバイス

①豆腐の水分をしっかり取ると鶏むね肉としっかり混ざりやすくなり、焼いたときに崩れにくくなります。
②照り焼きソースにみりんを使用することで完成したときに照りが出てとても美味しくみえます。

豆腐つくねの感想

豆腐つくねの見た目は照りが出ていてつくね料理と変わらない感じで食欲にかりたてられます。
味は普段食べているつくねとほぼ一緒でびっくりさせられました。しかもヘルシー食べやすい。高カロリーを摂取できなくてダイエットしている方には特におすすめ。
また、照り焼きソースとの相性抜群でご飯と一緒に食べるとたまらない一品ですね。もちろんお酒のおつまみにも最適です。もうすこしアクセントを加えたい方などはしそなどを加えると良いかもしれません。
鶏むね肉の挽きと木綿豆腐を混ぜ合わせかさ増しすることによって思った以上に量が増加してこれまたびっくりしました。1/3は豆腐つくねに使用しましたが、それでもお腹にたまるのでとても満足いきます。
残りの2/3は次の日にスープなどで使いたいと思います。こうやって残ったたねを次の日に使用することによって節約できるので節約されている方にはおすすめ。ちなみに本日紹介した豆腐つくねの残りは弁当に詰め込んで次の日のお昼に食べる予定です。
豆腐つくねはとても安くて簡単に作れるので皆さんも真似して一度作ってみてください。

豆腐つくねの余りで簡単弁当に!

豆腐つくねが余ったので簡単にお弁当を作ってみました。おかずは卵焼きと豆腐つくね、キャベツの千切り。
弁当を作るのはとても面倒なことかもしれませんが、ほんの5分程あれば作れます。この5分程だけで節約ができると考えるとできますよね。ダイエットと節約を楽しんでいきましょう。
touhutukune11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です